StudioNeko

ギターを弾きながらごろごろ日々の雑談を

BIGMAMAのthe cookie crumblesのギター

どうもこんばんは!

 

5月もそろそろ終わりに近づき、気温はぐんぐん上がってきてもう夏を感じますね。

この間初めてアイスクリームのMOWの抹茶味を食べたら、めちゃくちゃおいしくて、今年はこれにハマる気がします(笑)

 

 

 

さて、今回カバーしたのはBIGMAMAというバンドの

the cookie crumbles

というロックナンバーです。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

the cookie crumbles

the cookie crumbles

 

 

 

BIGMAMAは2001年結成をし、メンバー脱退などを乗り越え、

2007年に新メンバーを加えて、現在活動中のロックバンドです。

 

 

僕自身聴き始めたのはつい最近、バンドでカバーをしようということになってからなのですが、ビックリしたのがメンバーの編成です。

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

ボーカルギター、リードギター、ベース、ドラムに加えて、

バイオリンがメンバーとして組み込まれている、個人的にはかなり新鮮であまり耳にしないバンドでした。

 

 

曲自体はかなりロックで、ギターロックという感じもあり、

かつバイオリンのフレーズも目立っているのにバンドにすごく馴染んでいて、

すごくまとまっていて聴きやすいという印象です。

 

 

 

今回カバーをしたのが、新メンバーで再稼働しての1stフルアルバム、

「Love and Leave」の1曲目に収録されている曲です。

 

 

最初クリーンのギターのフレーズで始まるのですが、難しくないのに

綺麗に聴こえるこのフレーズがかなり好きで、最初から楽しい(笑)

 

中指を3弦13フレットに置き、人差し指で1・2弦をまとめて押さえて

あとは薬指、小指で1弦の14・16フレットをそれぞれ置いてアルペジオをする。

 

 

あとは基本的にはパワーコードの横移動で、それほど詰まるところはありませんでしたが、1番終わりから2番Aメロに繋がる瞬間に少し細かいのがありましたね。

 

2弦7フレット、3弦9フレットをキレよく弾く。

2弦の16フレットまで飛び、プリングで2弦開放弦を鳴らして

3弦13フレットに着地、

最後に3・4弦の11から13へスライド

という感じでそれっぽく聴こえますが、すごく伝わらない気がします(笑)

 

 

 

 

基本的にそれほど難易度は高くないと思いますので、

バンドでやってもすぐに形になりました。

 

バイオリンパートについては、さすがにできる人いませんでしたが、

今のバンドではキーボードの方がうまいことバイオリンの音で弾いてくれて、

すごく気持ちいいです。

 

なのでキーボードがいるけど曲に困る…

とかいうバンドさんにもBIGMAMAをおすすめしたいです!

 

もちろんギターは弾いていてリードでもガシガシできるので超楽しいですよ!

 

ぜひチャレンジしてみてください!

 

 

 

 

 

そのうちYouTubeなどにもカバー動画あげてみたいなーとも思っておりますが、

完璧に弾けないので踏ん切りがつかないままです…

その時はぜひ優しい目で見ていただけたらうれしいです(笑)

 

 

 

まだまだ夜から朝にかけては寒いので、体調にお気をつけてくださいね!('ω')