読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

StudioNeko

ギターを弾きながらごろごろ日々の雑談を

セプテンバーさんと前前前世のギター

 最近バンドでカバーして演奏している曲を紹介します!

 

 

タイトルにある通りですが、どちらもRADWIMPSの曲となります。

1つ目は ”セプテンバーさん”

2006年に発売されたアルバム、RADWIMPS 3〜無人島に持っていき忘れた一枚〜に収録されていて、ミドルテンポくらいのノれる曲です。

 

バンドではリードギターを弾いているので、まず使っているレスポールエフェクターで、あの心地よいクリーンサウンドを何とか再現したくて奮闘しました。

いろんな曲をやるので、ライブ中にアンプの設定はあまり変えたくない…

じゃあとりあえずピックアップをセンターにして、イコライザーで低音を削り、

逆に中高音を少しあげてみようと試してみたら結構いい感じ!

 

そこにzoomのMULTISTOMP(これがかなり使える)を使用して、コーラスを足してみたら、すごく気持ちいい音になりました。

あとはLine6のDL4でディレイを要所かけてあげたら完璧!

 

セプテンバーさんのリードはクリーンなのであまりごまかせませんが、フレーズ自体はあまり難しくなく、間奏のギターが決まった時はすごく気持ちいいです(*‘ω‘ *)

 

 

2つ目ですがこれは去年大ヒットした映画、君の名は。の主題歌 ”前前前世”です。

おそらく今なら誰しもが聴いたことある曲だと思います。

 

僕がやったのはアルバム、人間開花に収録されているオリジナルバージョンのほうですが、1つ目のセプテンバーさんとは打って変わってこれがすごく難しい(笑)

 

まずカポを9フレットにはめるのですが、そんな位置にはめて演奏したことが無いので、弾いた感触でかなり弦が固い。

そのうえひっきりなしに指を動かすので、もうてんやわんやでした。

唯一サビだけはすごく簡単で少しだけ安心。

 

2番のAメロの、ふぁーーんみたいな綺麗な音ですが再びこのエフェクター

zoomのMULTISTOMP。

歪みクリーンに近いクランチにして、zoomで1オクターブ上のオクターバーとさらにコーラスをかけてバイオリン奏法をすると、

かなりそれっぽくなります。すごく便利です(笑)

 

この間ライブでやってみましたが、お客さんの反応も良く、間奏で手をたたくのを結構やっていただけて盛り上がります!

 

2曲とも演奏できるととても楽しいので、カバーする曲に困っていたらぜひやってみてください!

 

 

また他の曲についても紹介していきたいと思います('ω')