StudioNeko

ギターを弾きながらごろごろ日々の雑談を

米津玄師のピースサインを買いました

今回は日記的な感じの投稿です。

 

 

本日発売の米津玄師さんのニューシングルを買ってきました!

 

f:id:jagamine:20170621212708j:plain

 

 

米津玄師さんは元々「ハチ」という名前で、ボーカロイドを使った、いわゆるボカロ曲をニコニコ動画に投稿していたのが始まり。

作詞作曲、歌唱力も高く楽器も扱える、さらに絵まで描いて踊りもできる、超ハイブリッドなアーティストだなぁと思います。

 

ハチ名義での代表的な曲はやはりマトリョシカパンダヒーローなどではないでしょうか?

その頃の曲はあまり知らなかったのですが、マトリョシカは何回もリピートした大好きな曲で、米津さんが作ったと知ったときは何とも言えない嬉しさが込み上げました(笑)

 

 

マトリョシカ

マトリョシカ

  • ハチ
  • J-Pop
  • ¥200

 

 

米津玄師という名義になってから興味が湧いて聴くようになったのですが、初めて聴いたときはその中毒性の高いフレーズや、歌詞に鳥肌が立ちました。

中でもこの、viviという曲。

 

www.youtube.com

 

 

 

vivi

vivi

  • 米津玄師
  • J-Pop
  • ¥250

 

 

このフレーズの心地いい不協和音とでもいいますか、天才的だと思います。

大好きです。

この絵も本人が描いていて、もうすごい。語彙力がなくなるくらい好きです。

 

 

今日買ってきたシングル、ピースサインはアニメの僕のヒーローアカデミア第二期のタイアップ曲となっていて、

MVを見たときかっこよすぎて即買いました(笑)

 

www.youtube.com

 

 

今まで米津さんの曲のイメージは、なんとなくダークな感じだと思っていましたが、今回はあまりなかったタイプの、疾走感のあるポップロック

でもCメロの同じギターのフレーズを何回も繰り返す感じとか、そもそものフレーズ使いとかは確かにこの人の曲だと思える1曲。

 

もう鳥肌が止まりません…

 

カップリングの2曲も最高でした。

2曲目のNeighbourhoodはミドルテンポのあったかい曲でな、何となく子供の頃の情景が目に浮かぶような曲でした。

3曲目のゆめくいしょうじょは、ラストサビの前のアコギを叩く音と歌のみのところがたまらなく好きです。

 

とてもいい買い物でした。

ツアーの選考応募券がついていましたので行きたいのですが、どの日も難しそうで悩んじゃいますね。

行けそうな方ぜひ楽しんできてください('ω')

 

 

 

ピースサイン(TV edit.)

ピースサイン(TV edit.)

  • 米津玄師
  • J-Pop
  • ¥250

 

 

ピースサイン - EP

ピースサイン - EP

  • 米津玄師
  • J-Pop
  • ¥1000

 

 

Diorama

Diorama

  • 米津玄師
  • J-Pop
  • ¥2400

 

andropのTe To Teのギターカバー

今回は1年ほど前に3ピースでバンドを組んでいた頃に、カバーしていた曲を紹介したいと思います。

 

邦楽のポップロックが好き!という方必見!

andropTe To Teという曲です!

 

 

Te To Te

Te To Te

 

 

andropは2008年にボーカルギター内澤崇仁を中心に結成、翌年のSUMMER SONICに出演したのち、同年12月にファーストミニアルバム"anew"をリリース。

幾枚もアルバム・シングルを活発に製作し、昨年の2016年には所属していた事務所を離れ、「image world」の設立を発表し、現在活動中のアーティストです。

 

先ほどポップロック好きの方必見という風に言いましたが、他のポップロックをお勧めするならこれとか…

 

 

Bell

Bell

 

 

Dreamer

Dreamer

 

 

 

しかし、andropのいいところは、ポップロック調の曲だけでなく、他にも様々なジャンルの曲があるところです。

 

 

Boohoo

Boohoo

 

Colorful

Colorful

 

 

Encore

Encore

 

 

挙げだしたらキリがないのですが、ベースのスラップが激しくてかっこいい曲もあったり、Encoreみたいな素朴な弾き語りもあったり、飽きないですね。

 

あまり知名度が高くないような気もしますが、フェスでトリを務めたり、ワンマンライブをたくさんやっていたり、ボーカルの透き通った声とメンバーの演奏には、不思議な魅力があるなぁと思うバンドです。

 

 

 

肝心のカバーしたTe To Teですが、ボーカルギターだったので、基本的にコード弾きだったのですが、この曲のいいところはコード弾だけでもそれっぽく聴こえる・ギターが一人でも何とかなるというところですね(笑)

 

コード進行は手書きで汚いのですが、一番はこんな感じでやりました。

 

f:id:jagamine:20170621005239j:plain

 

 

うん、汚い!

 

 

無駄にギター歴は長いのですが、コードや楽譜の知識は少ないので、コードにはてながついてたりしますがお気になさらず(笑)

 

やってみた感じは分数コードが多いのかな?

でもやってみるとルート音が下がっていったり、上がっていったりと規則性があるので、さほど難しく感じませんでした。

 

 

聴いてみて興味が湧きましたらぜひチャレンジしてみてください。

 

一人でギター弾き語りなんてのも楽しいですよ!

 

 

では今日はこの辺で。

andropはあと数曲カバーしているのでまた紹介できればと思います('ω')

 

ねまがりだけとサバ缶の味噌汁がおいしい

お題「朝ごはん」

 

 

もう夜も更けてきましたが、お題が朝ごはんということで今日の朝食の話です。

 

僕は米派なので朝は毎日お米を食べています。

というかそもそもお米を作っているので、朝ごはんにパンを食べたことは今まで片手で数えられるくらいしかありません(笑)

 

しかしやっぱり白米に同じおかずだけでは飽きてしまうので、ご飯に合うものを色々毎日変えていますが、今日のご飯はズバリ、TKG…

そう!たまごかけごはんです!めっちゃおいしいですよね!

茶碗に持ったご飯に少しくぼみを作って、しょうゆをかけて崩しながら食べるのが好きです。そして薬味程度にわさびがあるとさらにおいしい。というかわさびはしょうゆと相性が抜群だと思うので、海鮮丼はもちろん、山かけごはんなどにつけても非常においしいですね。

母親に辛いの食べ過ぎると痔になるよ?と言われるくらいわさび好きです。

本当に辛い物で痔になるのですかね?(笑)

 

 

 

それはさておきそこに味噌汁があって、ふと思い出したのですが、

みなさんは「ねまがりだけ」という山菜をご存知ですか?

 

 

f:id:jagamine:20170607234701j:plain

 

 

こんな感じの細いたけのこなんですが、この「ねまがりだけ」とサバ缶をぶち込んだ味噌汁がそれはもう絶品なのです!

 

聞けば、これは僕が住んでいる長野県の郷土料理らしきもののようで、他の県ではあまり知っている人がいないとかなんとか…

小さなころから当たり前のように食べていたので、つい最近までこれが普通なのだと思っていました。

 

作り方は簡単で、下処理したねまがりを好きなように切って茹で、サバ缶を軽くほぐして汁ごといれて出汁と味噌を入れるだけ。

 

 

f:id:jagamine:20170607235557j:plain

 

 

キング オブ 味噌汁

と初めて食べた知人が言うくらいおいしいです(笑)

今はねまがりが旬な時期なので、味噌汁の具のレパートリーに困っていたら、ぜひお試ししてみてください。ねまがりが手に入りにくかったら、普通にたけのこをいれてもおいしいです。

 

 

以上今日の朝ごはんでした!

初めて買ったCDとBUMPの話

お題「初めて買ったCD」

 

 

初お題スロット!初めて買ったCDということですが、

小学生の頃、うちの姉の影響で聴いていたKAT-TUNSIGNALのシングルです!

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

青春アミーゴがすごく流行っていた頃で、姉が買っていたKAT-TUNのアルバムをずっと聴いていて、その流れでお小遣いを握りしめて買いに行ったことをよく覚えています(笑)

 

今ではロキノン系などの邦ロックをよく聴くようになったので、あまりジャニーズを好んで聴かなくなりましたが、

Real Faceの作曲がB'zの松本孝弘さんってことを当時は知らずに聴いていて、すごく衝撃的でしたね。

 

通りでかっこいいわけだ(笑)

 

 

人生初のCDはシングルだとKAT-TUN、ではアルバムだと何だったのかというと、

 

かの有名なアーティスト、

BUMP OF CHICKENFLAME VEIN+1です。

 

小学生でシングルを買ったきりCDを買うことが無く、中学生になって確か2年だったかな?

友達に勧められてBUMPを好きになって、それから現在まで大大大ファンです!

 

2012年あたりのGOLD GLIDERあたりからライブにも行くようになって、去年はBFLYツアーだったり、ロックインジャパンフェスにも行ったりしました。

 

ボーカルギター藤原基央さんの歌詞には、物語になっている詞だったり、優しい気持ちになれるような綺麗な詞だったり、

難しいけれど色々な解釈がある、でもどこか知っているような気持になれる詞だったり、独特なものがあるなと思います。

 

その歌声も唯一のものだなと思いますし、

それを支える幼馴染のメンバーだからこそ、作れる世界観だったりも魅力の一つかなと感じます。

 

なかなか一言では言い表せないその深さにどっぷりとハマりました。

 

今年はすでにツアーが決定していて、それにも行けたらいいなと思っております。

どの曲も本当に好きで、なんのCDもひっさげていないツアーのようで、もう何をやってくれるんだろうと楽しみでしょうがないです(笑)

 

行こうか迷っている方、まだチケット抽選しています。

行こうと決めている方、会うことはないかと思いますが、一緒に盛り上がりましょう!

 

 

 

 

 

 

そんな感じで脱線しましたが、一番最初に買ったKAT-TUNのことは特に話さんのかい!

というところはあまり気にせず、初めて買ったCDとBUMPの話でした(笑)

 

 

 

 

 

ガラスのブルース

ガラスのブルース

 

 

バトルクライ

バトルクライ

 

BIGMAMAのthe cookie crumblesのギター

どうもこんばんは!

 

5月もそろそろ終わりに近づき、気温はぐんぐん上がってきてもう夏を感じますね。

この間初めてアイスクリームのMOWの抹茶味を食べたら、めちゃくちゃおいしくて、今年はこれにハマる気がします(笑)

 

 

 

さて、今回カバーしたのはBIGMAMAというバンドの

the cookie crumbles

というロックナンバーです。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

the cookie crumbles

the cookie crumbles

 

 

 

BIGMAMAは2001年結成をし、メンバー脱退などを乗り越え、

2007年に新メンバーを加えて、現在活動中のロックバンドです。

 

 

僕自身聴き始めたのはつい最近、バンドでカバーをしようということになってからなのですが、ビックリしたのがメンバーの編成です。

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

ボーカルギター、リードギター、ベース、ドラムに加えて、

バイオリンがメンバーとして組み込まれている、個人的にはかなり新鮮であまり耳にしないバンドでした。

 

 

曲自体はかなりロックで、ギターロックという感じもあり、

かつバイオリンのフレーズも目立っているのにバンドにすごく馴染んでいて、

すごくまとまっていて聴きやすいという印象です。

 

 

 

今回カバーをしたのが、新メンバーで再稼働しての1stフルアルバム、

「Love and Leave」の1曲目に収録されている曲です。

 

 

最初クリーンのギターのフレーズで始まるのですが、難しくないのに

綺麗に聴こえるこのフレーズがかなり好きで、最初から楽しい(笑)

 

中指を3弦13フレットに置き、人差し指で1・2弦をまとめて押さえて

あとは薬指、小指で1弦の14・16フレットをそれぞれ置いてアルペジオをする。

 

 

あとは基本的にはパワーコードの横移動で、それほど詰まるところはありませんでしたが、1番終わりから2番Aメロに繋がる瞬間に少し細かいのがありましたね。

 

2弦7フレット、3弦9フレットをキレよく弾く。

2弦の16フレットまで飛び、プリングで2弦開放弦を鳴らして

3弦13フレットに着地、

最後に3・4弦の11から13へスライド

という感じでそれっぽく聴こえますが、すごく伝わらない気がします(笑)

 

 

 

 

基本的にそれほど難易度は高くないと思いますので、

バンドでやってもすぐに形になりました。

 

バイオリンパートについては、さすがにできる人いませんでしたが、

今のバンドではキーボードの方がうまいことバイオリンの音で弾いてくれて、

すごく気持ちいいです。

 

なのでキーボードがいるけど曲に困る…

とかいうバンドさんにもBIGMAMAをおすすめしたいです!

 

もちろんギターは弾いていてリードでもガシガシできるので超楽しいですよ!

 

ぜひチャレンジしてみてください!

 

 

 

 

 

そのうちYouTubeなどにもカバー動画あげてみたいなーとも思っておりますが、

完璧に弾けないので踏ん切りがつかないままです…

その時はぜひ優しい目で見ていただけたらうれしいです(笑)

 

 

 

まだまだ夜から朝にかけては寒いので、体調にお気をつけてくださいね!('ω')

No Use For A Name の Soulmate

こんにちは!久しぶりの更新となります!

 

せっかくブログを始めたものの、仕事にバンドに遊びにいろいろ忙しくてなかなか書けないと思っていたら、かなり期間があいてしまいました。

マイペースにやっていこうと思います(笑)

 

 

 

今回はこの間カバーして遊びで合わせた曲をご紹介します。

アメリカ結成の No Use For A Nama というバンドの

 

 "Soulmate" という曲です!

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

No Use For A Nama はカリフォルニア州サンノゼにて結成された、ボップパンクバンド。

2012年にボーカルギターのトニー・スライが亡くなり、その年に解散を発表したそうで、とても悲しく残念です。(ウィキペディア参照)

 

 

 

僕は洋楽はほどほどにしか聴いてこなかったのですが、これやりたいとメンバーから言われて、とりあえず聴いてみたらすごくかっこいい!

昔ながらのメロコアという感じ!

 

 

あーこれこれ(恍惚)…というのが第一印象でした(笑)

 

 

 

 

 

ギターをカバーしてみた感じでは、クセもなく聴いてすぐカバーできたので、

難易度はそれほど高くなく、なおかつノリノリで弾けるので超楽しいです!

 

 

MVを見るとギターパートをすべてダウンストロークで弾いていましたが、

それなりのBPMなのでめちゃくちゃ疲れるのと、ダウンストロークのみは

少し苦手なのでそこは楽をしてダウンアップで弾きました。

 

それでも違和感は無いように感じるのでこれでもいいのかなと思います(笑)

 

 

意外とパワーコードの横移動が多くて、覚えるまではややこしく感じるのですが、

ギターソロもあまり細かいことをしないので、

初心者で何やろうかなと迷ってる人がいましたら、練習にもなりそうでおすすめです!

 

ぜひ弾いてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

さてゴールデンウィークも残り少しとなりましたが、どんなお休みでしたでしょうか?

僕は初日に会社の同僚の結婚式があり、出席してきました。

 

とても幸せそうでたくさん幸せをわけていただけた気分で、

とてもいい1日だったなと思います。

 

 

 

 

ギターに漫画にいろいろ遊んでいる僕ですが、それでも好きと言ってくれる方も

いてくれるので、一緒に幸せになりたい限りです(*'ω'*)

SuchmosのStay Tune

最近暖かくなってきましたね。僕のいるところはまだまだ桜は咲きませんが、

早くお花見したいです。ちらし寿司とか食べたいですね!



今回はバンドでやろうと決まって練習している曲の紹介なのですが、超かっこいい曲です。

Suchmosというバンドの、Stay Tune です!


少し前に車のCMでも使われていたので何となく聴いたことある人も多いのではないでしょうか?

<
www.youtube.com
<




STAY TUNE

STAY TUNE




Suchmosは2013年に結成した、ボーカル・ギター・ベース・ドラム・DJ・キーボードの

6人編成のバンドで、カバーすると決まってから、THE BAYというアルバムを借りて聴いてみたのですが、どの曲もファンキーですごくかっこいい!

Stay Tuneが収録されているアルバムが今年発売されているようで、それは買おうかなぁと悩んでおります(笑)


こういう雰囲気の曲を今までやったことが無かったので、できるか少し不安でしたが、

とりあえず練習してみました。

今回使用したのは、フェンダージャパンのジャガーです。

オーバードライブを軽くかけてクランチサウンドにして弾いてみるとなんと!


カッティング超気持ちいい…


まぁ聴いていただけたらわかることだとは思いますが、弾いてみるとさらに良さがわかります(笑)

要所要所でディストーションに変わったり、逆に抑えめにしたりしますが、

思ったよりも難しくなくて弾きやすいなぁと思います。

1ヶ所だけ16分音符を速弾きっぽくやったりしますので、そこだけ要練習という感じですかね。

あとアウトロのディストーションがノれてすごく楽しい(笑)



再来週くらいにバンドで初合わせをしますので、それまでにはなんとか弾けるようにしたいと思いますが、今から楽しみです!

興味湧いた方がいらっしゃいましたらぜひやってみてください!





それにしてもこの甘いハイトーン、僕も出せるようになりたいものですね…