読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

StudioNeko

ギターを弾きながらごろごろ日々の雑談を

No Use For A Name の Soulmate

こんにちは!久しぶりの更新となります!

 

せっかくブログを始めたものの、仕事にバンドに遊びにいろいろ忙しくてなかなか書けないと思っていたら、かなり期間があいてしまいました。

マイペースにやっていこうと思います(笑)

 

 

 

今回はこの間カバーして遊びで合わせた曲をご紹介します。

アメリカ結成の No Use For A Nama というバンドの

 

 "Soulmate" という曲です!

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

No Use For A Nama はカリフォルニア州サンノゼにて結成された、ボップパンクバンド。

2012年にボーカルギターのトニー・スライが亡くなり、その年に解散を発表したそうで、とても悲しく残念です。(ウィキペディア参照)

 

 

 

僕は洋楽はほどほどにしか聴いてこなかったのですが、これやりたいとメンバーから言われて、とりあえず聴いてみたらすごくかっこいい!

昔ながらのメロコアという感じ!

 

 

あーこれこれ(恍惚)…というのが第一印象でした(笑)

 

 

 

 

 

ギターをカバーしてみた感じでは、クセもなく聴いてすぐカバーできたので、

難易度はそれほど高くなく、なおかつノリノリで弾けるので超楽しいです!

 

 

MVを見るとギターパートをすべてダウンストロークで弾いていましたが、

それなりのBPMなのでめちゃくちゃ疲れるのと、ダウンストロークのみは

少し苦手なのでそこは楽をしてダウンアップで弾きました。

 

それでも違和感は無いように感じるのでこれでもいいのかなと思います(笑)

 

 

意外とパワーコードの横移動が多くて、覚えるまではややこしく感じるのですが、

ギターソロもあまり細かいことをしないので、

初心者で何やろうかなと迷ってる人がいましたら、練習にもなりそうでおすすめです!

 

ぜひ弾いてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

さてゴールデンウィークも残り少しとなりましたが、どんなお休みでしたでしょうか?

僕は初日に会社の同僚の結婚式があり、出席してきました。

 

とても幸せそうでたくさん幸せをわけていただけた気分で、

とてもいい1日だったなと思います。

 

 

 

 

ギターに漫画にいろいろ遊んでいる僕ですが、それでも好きと言ってくれる方も

いてくれるので、一緒に幸せになりたい限りです(*'ω'*)

SuchmosのStay Tune

最近暖かくなってきましたね。僕のいるところはまだまだ桜は咲きませんが、

早くお花見したいです。ちらし寿司とか食べたいですね!



今回はバンドでやろうと決まって練習している曲の紹介なのですが、超かっこいい曲です。

Suchmosというバンドの、Stay Tune です!


少し前に車のCMでも使われていたので何となく聴いたことある人も多いのではないでしょうか?

<
www.youtube.com
<


Suchmosは2013年に結成した、ボーカル・ギター・ベース・ドラム・DJ・キーボードの

6人編成のバンドで、カバーすると決まってから、THE BAYというアルバムを借りて聴いてみたのですが、どの曲もファンキーですごくかっこいい!

Stay Tuneが収録されているアルバムが今年発売されているようで、それは買おうかなぁと悩んでおります(笑)


こういう雰囲気の曲を今までやったことが無かったので、できるか少し不安でしたが、

とりあえず練習してみました。

今回使用したのは、フェンダージャパンのジャガーです。

オーバードライブを軽くかけてクランチサウンドにして弾いてみるとなんと!


カッティング超気持ちいい…


まぁ聴いていただけたらわかることだとは思いますが、弾いてみるとさらに良さがわかります(笑)

要所要所でディストーションに変わったり、逆に抑えめにしたりしますが、

思ったよりも難しくなくて弾きやすいなぁと思います。

1ヶ所だけ16分音符を速弾きっぽくやったりしますので、そこだけ要練習という感じですかね。

あとアウトロのディストーションがノれてすごく楽しい(笑)



再来週くらいにバンドで初合わせをしますので、それまでにはなんとか弾けるようにしたいと思いますが、今から楽しみです!

興味湧いた方がいらっしゃいましたらぜひやってみてください!





それにしてもこの甘いハイトーン、僕も出せるようになりたいものですね…

フェンダージャパンのジャガーをSJAG-3に改造

今回は使っているギターについて紹介してみようかなと思います!

 

高校生の頃地元の楽器店で一目惚れをして、バイトで必死にお金を貯めて

ようやく購入したこのギター。

 

Fender Japan Jaguarです!

 

 

f:id:jagamine:20170407235925j:plain

 

 

ジャガーといえばNirvanaカート・コバーン

他はあまり使っているアーティストは知りませんが、MAN WITH A MISSIONというオオカミさんたちも使っていましたね。

 

まぁカート・コバーンジャガーのピックアップはハムバッカーでしたが(確か)、

こちらはシングルコイルです。

 

買った当初の純正ピックアップには、白いカバーが被っていて、

その上にジャガー特有の音を出す、ヨークという金属パーツがついていました。

 

見た目だけで選んで少し試奏しただけでは、当時初心者の僕にはわかりませんでしたが、家でじっくり弾いてみるごとに気付いたのが…

このギター、音がめっちゃキンキンなうえにすっごくハウる、ということでした。

 

よくよく調べてみると、このヨークというパーツがキンキンの原因なようで、

ハウリングは、金属パーツが多いから・配線がややこしくて長いからなど、とても使いづらいギターだったようです。

 

でもどうしてもバンドで使いたくて、とりあえずヨークを外してみようとしたら、

カバーにハンダ付けしてあってなかなか取れない…

やっと取れて弾いてみたら多少高音が抑えられたけど、ハウリングは改善されない…

 

簡単な処理では無理だと思い、ピックアップの改造を決意してしまして、そのとき選んだのが

SEYMOUR DUNCANのSJAG-3

 

ここまで読んでいただいて申し訳ないのですが、改造自体は楽器店の仲の良かったお兄さんにお任せしまして、出来上がったものが上の写真の状態。

当時弾いて記憶に残っているのが、キャンキャン鳴ってたのがギャンギャン鳴るようになったという感じで、

歪みのノリが格段に良くなりました。

 

それでも残念だったのが、ハウリングは多少良くなったくらいで、

スタジオに入って大きいアンプで音を出すと、前のギターではこれくらいいけたのになぁと思う日々でしたが、

新品で購入してからかれこれ3年程使ってみると、どんどん馴染んでいったのか、はたまた金属パーツが錆びてきたのか、ハウリングはほとんどしなくなりましたね(笑)

 

なので今ではこのギターでディストーションをかけて、バリバリロックな曲も弾いています!

 

ちなみにピックアップを変えたとき、ピックアップカバーとヨーク外しましたが、

このSJAG-3の上にカバーを被せることができたので、ヨークを付けることもできます。

どんな音になるか試したことはありませんが(笑)

 

 

あまり良いことを書きませんでしたが、手のかかった分だけすごく愛着が湧きますし、かっこいいし、

ピックアップをフロントにして、ローカットスイッチ(1弦側の3つ付いてるスイッチの一番下)を入れた時のクリーンサウンドはやみつきです!

 

ジャガー購入を検討されている方、1本目としてはなんとも言えないギターですが、とてもいいギターですのでまずは弾いてみてください('ω')

 

 

セプテンバーさんと前前前世のギター

 最近バンドでカバーして演奏している曲を紹介します!

 

 

タイトルにある通りですが、どちらもRADWIMPSの曲となります。

1つ目は ”セプテンバーさん”

2006年に発売されたアルバム、RADWIMPS 3〜無人島に持っていき忘れた一枚〜に収録されていて、ミドルテンポくらいのノれる曲です。

 

バンドではリードギターを弾いているので、まず使っているレスポールエフェクターで、あの心地よいクリーンサウンドを何とか再現したくて奮闘しました。

いろんな曲をやるので、ライブ中にアンプの設定はあまり変えたくない…

じゃあとりあえずピックアップをセンターにして、イコライザーで低音を削り、

逆に中高音を少しあげてみようと試してみたら結構いい感じ!

 

そこにzoomのMULTISTOMP(これがかなり使える)を使用して、コーラスを足してみたら、すごく気持ちいい音になりました。

あとはLine6のDL4でディレイを要所かけてあげたら完璧!

 

セプテンバーさんのリードはクリーンなのであまりごまかせませんが、フレーズ自体はあまり難しくなく、間奏のギターが決まった時はすごく気持ちいいです(*‘ω‘ *)

 

 

2つ目ですがこれは去年大ヒットした映画、君の名は。の主題歌 ”前前前世”です。

おそらく今なら誰しもが聴いたことある曲だと思います。

 

僕がやったのはアルバム、人間開花に収録されているオリジナルバージョンのほうですが、1つ目のセプテンバーさんとは打って変わってこれがすごく難しい(笑)

 

まずカポを9フレットにはめるのですが、そんな位置にはめて演奏したことが無いので、弾いた感触でかなり弦が固い。

そのうえひっきりなしに指を動かすので、もうてんやわんやでした。

唯一サビだけはすごく簡単で少しだけ安心。

 

2番のAメロの、ふぁーーんみたいな綺麗な音ですが再びこのエフェクター

zoomのMULTISTOMP。

歪みクリーンに近いクランチにして、zoomで1オクターブ上のオクターバーとさらにコーラスをかけてバイオリン奏法をすると、

かなりそれっぽくなります。すごく便利です(笑)

 

この間ライブでやってみましたが、お客さんの反応も良く、間奏で手をたたくのを結構やっていただけて盛り上がります!

 

2曲とも演奏できるととても楽しいので、カバーする曲に困っていたらぜひやってみてください!

 

 

また他の曲についても紹介していきたいと思います('ω')

 

はじめまして

 

このブログを見てくれた方、はじめまして!

田舎生まれ田舎育ちのjagamineです。社会人です。

 

ブログをやっていくのは初めてで、まずは自己紹介をしたいと思います。

 

僕はギターを弾くことが好きで、中学生の頃に先輩のバンド演奏を見た友達から「バンドやろうぜ!お前ギターな!」って言われて始めました(笑)

今はバンドをやっていて、主に邦ロック、その中でもロキノン系とも呼ばれる旬なアーティストをカバーしてライブをしています。

アコギを持って一人でギターを弾きながら歌う弾き語りもやっていて、

そちらでは主にオリジナル曲を作って活動しています。

 

現在使っているギターは、高校生の頃に一目惚れで買った、fender Japan の jaguar というギターと、友人からorvilleのレスポールをお借りして弾いています(笑)

アコギは社会人になってから弾き語りをしたくて、TakamineのEF360GFというもの買って使っています。

お気づきになられた方もいるかもしれませんが、jagamineという名前は、

jaguar と Takamine をもじりました(笑)

 

好きなアーティストは挙げだしたらキリがありませんが、

一番はBUMP OF CHICKENで、余裕があればライブにも行ったりします!

中学生で初めてバンドをやったときは、BUMPの天体観測をカバーしました。

 

あとは漫画も好きでいろんなジャンルのものを読みます。ラブコメは結構好きです。

バンド続きでいけば、やはりBECKは外せないです(笑)

 

 

さて、このブログでは、ギターのことだったり機材のことだったり、バンドでカバーした曲についての感想だったり、

はたまた最近聴いたアーティストの気に入った曲のことだったり、あの漫画がすごく面白かったという話だったり、雑談的なことだったり、

僕の趣味全開で、なおかつあまりジャンルにはこだわらずに色々と書いていけたらいいなと思います。

 

最後までお読みいただいてありがとうございました!

これからもどうかよろしくお願いします('ω')